トップページ

    このサイトでは外車を高額査定してくれるおすすめの一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「外車の査定相場を調査して高額査定をしてくれる車買取店に売りたい!」と感じている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの一括査定サイトや買取専門店をチェックしてみてください。

    外車を高額査定してもらうために大事なことは「何社かの車買取業者で外車の査定依頼をして、その査定額を比較する」ということです。1つの業者だけとか近くのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら間違いなく損をするので注意してください。

    車買取の一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので簡単です。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、外車(輸入車)を高額査定してくれる買取業者が分かります。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーと言うくらい知名度が高いので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社へ外車の買取査定の依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    当然ですが、全国対応で使うのはタダ。

    「できることなら高く売却したいから外車の査定相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っている外車の査定相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話で連絡があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1本のみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    外車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「外車で数年落ちの査定相場ってネットで調べられるの?」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで外車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が外車の見積もり査定をしてくれるので、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者が愛用の外車を査定します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで査定額や業者の対応の違いを比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして長年愛用した外車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車を専門とした中古車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間の輸入車取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。地方にも対応していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した輸入車の買取専門業者なので、ドイツやアメリカ、フランスなどの外車なら一般の買取店より高く買い取ってくれることも多いです。
    ですので、外車の高額売却を目指すなら始めにランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して概算査定価格をリサーチしてみてください。

    複数の買取専門業者に査定をお願いした後で、一番最後に外車王に実車査定をしてもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い買取金額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた外車を売却しましょう。







    中古車売買に際して、1年1ヶ月以上車検が残ったままだと、業者によっても違ってくるかもしれませんが、約数万円程度のプラス査定になるでしょう。

    車検の残りが1年以下のケースでは幾分残りがあったとしても見積もりに影響を及ぼしません。

    残りの車検が長い方が査定に良い影響を及ぼすといっても、車検を実施して直ぐに売却をしても車検を通すためにかかった費用以上のお金が査定金額に上乗せされて得をすることはないので、事前に手間をかけて車検を通すのは無意味です。

    あちこち中古車買取店舗巡りをせずに、オンラインで中古車査定ができてしまうホームページがあっちにもこっちにも出来ています。

    もっと具体的な査定額に関して言えば本当に売却する車を査定してみないことには算定不可能でしょうが、たくさんの買取業者の見積もりを同時に瞬時に知ることが可能ですから、自分の車が現時点でどの程度の資産価値があるのかが分かって大変参考になります。

    それにもまして、相場とあまりにもかけ離れた値段を付けた買取業者を除外して、その他の店舗で実際に売ることができるので有益だと言えるでしょう。

    ボディーカラーは中古車買取査定において結構重要な項目です。

    ホワイトおよびブラックは定番の人気色でいつでも需要が安定しているために、査定額が高めに出る傾向があります。

    反対に原色に近い赤や青などのビビットカラーは好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、定番カラーよりも査定額がマイナスされる傾向が強いと言えるでしょう。

    そうは言っても、車の査定金額はオークション相場のタイミングによって変動するものなので、その時の流行によってある一定の色が査定相場を引き上げることも考えられるのです。

    溝が減ってスリップサインが見えるほどになっても、見積り前にタイヤを新調する必要性はまずありません。

    タイヤは使えば減るものです。

    それに、中古車販売店の方でいまどき風のタイヤに付け替えることが普通だからです。

    つまり本体に比べタイヤ劣化による査定の減額はあっても極めて少ないです。

    タイヤを新品に替えたとしてもむしろ損ということになります。

    国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の金銭的なトラブル、取引上の不信感といった相談が相次いでいます。

    特に中古車売却についての事案は増加中で、一向に減る気配が見られません。

    一例を挙げると、買取一括査定サイトを通じて依頼したら夜間や仕事中にも電話がくる、無理やり契約を迫られたがこれでは押し売りではないのかといった相談などです。

    泣き寝入りすることのないよう、トラブルに遭ったら、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談するのが大事です。

    諦めてはいけません。

    よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、賞与支給から2ヶ月たった9月は懐も余裕があるため、自動車のように高額な品物の売れ行きも良いものです。

    どの中古屋でも今のうちにもっと商品を仕入れて売上を伸ばしたいと考えています。

    みんながそう思えば仕入れ(査定)金額もおのずと高くなってくるものです。

    売却を漠然と考えているのであれば、9月というのはまさに売り時です。

    一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定は最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

    一度払った自動車税は還付されないと思っている人が多いでしょうが、月割りで還付されるケースがあります。

    これは、普通自動車を売却しないで廃車にすると戻って来ます。

    普通自動車ではなく軽自動車の場合には、廃車にしても自動車税は月割りで還付されることはないのです。

    そうは言っても、税金の残り期間がかなり残っている場合は、残っている税金分をプラスして買い取りしてくれる店舗もあるのです。

    しかし、査定をするときに税金分の取り扱いについていちいち説明してくれるとは限りません。

    売却契約をする前に確認しておきたいことの一つですね。

    全部を自分自身で手続き可能な予備知識と時間さえあったなら、自動車の売買は個人同士でした方が業者を介さないので最も得をする売り方でしょう。

    一般人同士が車の売買をするときにトラブルを引き起こしやすいのが名義変更とお金の支払いに関することです。

    前者に関しては双方で決めた期日までにしっかりと行うように念書を残しておくと良いでしょう。

    後者の場合には1回目だけ支払ってそれ以降は支払いをしないで逃げられることがないように、原則一括払いのみで売ることが重要になるでしょう。

    一律と言うわけではないのですが、車を売ったお金には税金がかかることがあります。

    個人所有の自動車であり、通勤に専用に使っていた車であれば所得税の対象外となります。

    日常やレジャー等の用途で使っていた場合には、課税対象になり、所得税の支払いをするようになるかも知れません。

    詳細を述べると、買った金額を売った金額が50万円以上上回った時に課税対象になります。

    仕事でも使っている車体を売却するときには、また別途違う決まりがあるので、良く分からないところがあったら確定申告をする際に申告書を提出する前に税務署のスタッフなどに相談してみましょう。