トップページ

    このサイトでは外車を高額査定してくれるおすすめの一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「外車の査定相場を調査して高額査定をしてくれる車買取店に売りたい!」と感じている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの一括査定サイトや買取専門店をチェックしてみてください。

    外車を高額査定してもらうために大事なことは「何社かの車買取業者で外車の査定依頼をして、その査定額を比較する」ということです。1つの業者だけとか近くのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら間違いなく損をするので注意してください。

    車買取の一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので簡単です。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、外車(輸入車)を高額査定してくれる買取業者が分かります。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーと言うくらい知名度が高いので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社へ外車の買取査定の依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    当然ですが、全国対応で使うのはタダ。

    「できることなら高く売却したいから外車の査定相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っている外車の査定相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話で連絡があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1本のみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    外車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「外車で数年落ちの査定相場ってネットで調べられるの?」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで外車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が外車の見積もり査定をしてくれるので、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者が愛用の外車を査定します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで査定額や業者の対応の違いを比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして長年愛用した外車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車を専門とした中古車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間の輸入車取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。地方にも対応していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した輸入車の買取専門業者なので、ドイツやアメリカ、フランスなどの外車なら一般の買取店より高く買い取ってくれることも多いです。
    ですので、外車の高額売却を目指すなら始めにランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して概算査定価格をリサーチしてみてください。

    複数の買取専門業者に査定をお願いした後で、一番最後に外車王に実車査定をしてもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い買取金額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた外車を売却しましょう。







    中古車の査定を雨の日や夕方以降にお願いすると、見積額が少々上がるという噂が巷には存在するようですね。

    当然ですが夜間は暗くて、雨降りだと水滴が邪魔をして査定する車の汚れやキズなどのマイナス要因が判別しにくくなると言うのが理由となっているようです。

    そうは言っても、視界が良くない云々で査定額がアップするほど業者はスキルが不足しているわけではありません。

    却って、もし見落としがあっても後で差し引き可能なように、少々低めの査定額で抑えられてしまうことも充分予想できるのです。

    買取希望の中古車の見積額が低下してしまう主となる要因には何点かあるのですが、大幅に査定額を低下させる原因のもっともたるものは、売却予定の車が事故車や故障車で修理したことがあるケースです。

    酷いケースではゼロ円査定に低く査定されてしまう事もあることを覚えておくと良いでしょう。

    そうは言っても、事故などで修理してしまうと修理歴車と必ずなってしまうとは限らず、いわゆる車の骨格にあたる部分にまで傷が広がっていて、その大きな傷を修理して直したのが修理歴車です。

    沢山の会社に車の一括査定を依頼できるサイトがインターネット上には多くあります。

    そして、個人の名前などの情報を記載せずに査定可能なサイトもあります。

    せっかく査定を依頼しても結果の連絡を受けなくては意味がないので、連絡先は書くようですが、誰しもむやみに個人情報は教えたくないでしょうから、有用なサービスと言えます。

    さらには、連絡先も教えずに相場を簡単に知る方法もあります。

    それは、売却予定の車種などを製造メーカーのホームページの専用フォーマットに入力すれば、現時点でのだいたいの価格相場を把握することができるでしょう。

    参考価格が分かると言っても、ザックリしたものでしかありませんから、個々の車の事情を加味したものではないので、あまり参考にはならないことでしょう。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところでその車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通しです。

    修理歴等を偽って深刻する行為は信頼関係を破綻させる原因として充分ですし、その後の交渉にすら支障をきたすでしょう。

    そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反という扱いになり、もし発覚すれば解約返金も当たり前です。

    実際、契約書の中にも虚偽申告に関連した記載がかならずあるものです。

    中古車というのは需要によって値段が上下するのが常ですから、査定士がつけた査定額というのは必ず期限が設けられ、それ以降は無効となります。

    ただ、期限はケースバイケースで変わってくるため、金額を出してもらった段階で有効期限についてはあらかじめ確認しておくべきです。

    期限は長くても10日から2週間位という感じですが、これがボーナス商戦や決算の時期などに当たるとさらに短くなることがほとんどです。

    これから中古車買取り業者に査定をしてもらおうという場合は所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。

    ただし、価格交渉を終えて実際に売買契約するとなれば、最新の納税証明、車検証、自賠責保険証といった複数の書類を求められるでしょう。

    役所の窓口でなければ印鑑証明書はとれませんし、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、転居で住所地の確認が必要なときは別途書類が必要となるので業者に確認しましょう。

    売却の意思が堅いのでしたら必要な書類を集めておくと慌てなくて済みます。

    自分が所有する車を売却しようと考えているならば、凹みやキズなどがあるボディよりも無い方が高く査定されるでしょう。

    傷などがない方が良いと言っても、自分で直そうとすると、プロが見ると却って目立ってしまう場合があるので注意が必要です。

    誰が乗っても自然に付いてしまうようなごく薄い傷などは、ほぼ査定額に影響しないことも多々あります。

    全くの素人で自動車修理などを手がけたことがなければ、大変な思いをしてまで補修しようとせずに、そのまま見積もりに出した方が良いかも知れません。

    中古自動車売却に関して言えば、必要書類の中に車庫証明は入っていません。

    車を売却するときは不要でも、新しく車を買ったときには、車庫証明を取得する手続きを行う必要があるのです。

    これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、自分で手続きすることもできます。

    多少面倒な手続きではありますが、手数料分が節約できますから、トライするのも結構ですね。

    自分で手続きするときには、古い車はどのようにしたか説明しないといけないので、必要書類としては売買契約書が挙げられるでしょう。

    新しい車を買う時に古いほうをディーラー下取りに出すことがあります。

    購入した店で引き取ってくれて、しかも新車は割引になるので、自分で買取業者を見つけて売るのと違って単純に考えても手間は半減しますし、気楽という点ではこれ以上の方法はありません。

    けれども、ディーラー下取りと中古車屋の買取を金銭的な損得で比較すると、一般に下取りのほうが安価になるといった違いがあります。

    安い値段で下取りされると後悔が残りますし、高く売るつもりなら中古車買取業者に依頼する方が良いのは言うまでもありません。