トップページ

    このサイトでは外車を高額査定してくれるおすすめの一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「外車の査定相場を調査して高額査定をしてくれる車買取店に売りたい!」と感じている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの一括査定サイトや買取専門店をチェックしてみてください。

    外車を高額査定してもらうために大事なことは「何社かの車買取業者で外車の査定依頼をして、その査定額を比較する」ということです。1つの業者だけとか近くのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら間違いなく損をするので注意してください。

    車買取の一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので簡単です。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、外車(輸入車)を高額査定してくれる買取業者が分かります。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーと言うくらい知名度が高いので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社へ外車の買取査定の依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    当然ですが、全国対応で使うのはタダ。

    「できることなら高く売却したいから外車の査定相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っている外車の査定相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話で連絡があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1本のみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    外車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「外車で数年落ちの査定相場ってネットで調べられるの?」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで外車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が外車の見積もり査定をしてくれるので、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者が愛用の外車を査定します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで査定額や業者の対応の違いを比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして長年愛用した外車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車を専門とした中古車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間の輸入車取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。地方にも対応していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した輸入車の買取専門業者なので、ドイツやアメリカ、フランスなどの外車なら一般の買取店より高く買い取ってくれることも多いです。
    ですので、外車の高額売却を目指すなら始めにランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して概算査定価格をリサーチしてみてください。

    複数の買取専門業者に査定をお願いした後で、一番最後に外車王に実車査定をしてもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い買取金額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた外車を売却しましょう。







    一般的にほとんどの中古車買い取り店では、査定にかかる時間はただ待っているだけの時間を除くとおおよそ15分弱でしょうか。

    10分少々で済むのは、車種ごとに査定時点でのオークションなどの相場をもとにして前もってベースの査定額が決まっていて、ここから各部位の状態、および走行距離などを目で確かめて、これらに応じた加算や減算をすることによってすぐに査定額を決定出来てしまうからに他なりません。

    中古車を少しでも高く査定してもらいたいときには、買取専門店に持って行く前になるべく自らクリーニングすることが大切ですね。

    事故や修理があったことは消せないですし、隠し通すことはできません。

    その一方で、シートなどの汚れや車内の悪臭は自分で対処することで大分消滅可能なのです。

    中でも喫煙の習慣があった人は、煙草の臭いがあると査定額が低くなることもあるので注意が必要です。

    過去に故障や事故などで修理をしたことがある車は、たとえ嘘をついて査定してもらっても一瞬で分かってしまうものです。

    軽い損傷程度で済んでいて、適切な修復がされているようならば一般的な修理車に含めて考えない場合もありますから、隠そうとせずに正直に伝えることが大切ですね。

    事故などが原因で、もし複数の店舗で査定額が付かないと言われてしまった場合には、故障車や事故車を専門的に買い取っている業者をあたってみると良いかもしれません。

    大掃除とばかりに徹底的に車内をきれいにしたり、前もって洗車して磨き上げたところで、掃除状況は業者によるチェック対象ではないので査定額は変わらないです。

    しろうとレベルでの掃除ぐらいは誰にでもできるのですから仕方がないことです。

    にも関わらず清掃が推奨されるのには理由があります。

    実写査定の際に車がきれいになっていると、気持ち良く値付けが出来ます。

    車の値付けや取引をしているのは人間ですから、査定額に与える心証効果というのは無視できません。

    一般的に年度末で決算でもある3月や真夏の酷暑が終わるとまだボーナスの影響が残る9月は比較的高額商品の売れ行きが良く、自動車もよく売れます。

    業者の意図としては今のうちにもっと商品を仕入れて売上を伸ばしたいと考えています。

    在庫が品薄になるので、買取額が多少高かろうと構わないという姿勢になるのがこの頃です。

    いつまでに売らなければいけないというリミットがないなら、このチャンスを逃す手はありません。

    また、在庫を抱えがちなのが売れ月直後の10月と4月ですが、そこは買取額が最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

    これならいいだろうと思える査定金額に達し、実際に売却する手続きに入ると所有者は書類を複数用意しなければなりません。

    普通乗用車と軽の場合は違いもありますから気をつけてください。

    必要書類は車検の際にも必要なので一緒に保管している人も多いでしょうが、車検証、車の自賠責保険証、リサイクル預託証明書(もしくは自動車リサイクル料金の預託状況でも代用可)、(軽)自動車税の納税証明書が必須です。

    また普通乗用車の場合は実印と印鑑証明が必要で、軽自動車なら市販の認め印が使えるため、印鑑証明をとる必要もありません。

    自動車を売却してすぐその場でお金を受け取って帰りたいときには、売ったお金を即金で受け渡し可能なところをあたると良いでしょう。

    大きく即金対応可能と宣伝している業者ばかりでなく、売却金を即金でもらいたいと相談すれば実現する場合もあるでしょう。

    でも、即金対応してもらう場合には、より高い見積金額は提示されなくなる可能性が高いことを覚えておいて下さい。

    即金対応にこだわるのかちょっとでも高く売却したいのか、どちらが優先順位が高いかを良く考慮して、幾らかでも高く査定してもらいたいならば即金対応にこだわってしまうのはあまり良い傾向とは言えないでしょう。

    何ヶ月間程度残っているかによっても違いますが、自動車車検によって査定額が変わることがあるのです。

    車検切れの自動車よりも、もちろん車検が残っている方が有利です。

    しかしながら、車検の残りも1年残っていないようだと査定金額にはほとんど影響しないと言えます。

    そうはいっても、車検をしてから売るのはあまりお勧めできません。

    一般的に車検費用と査定アップされる金額では、車検を通すために必要な金額の方が断然高くなる事が多いのがその理由です。

    場合によるのですが、自動車を売却したお金は課税対象となることがあるのです。

    個人所有の自動車であり、いつも通勤するために使っていた車ならば所得税はかからないようになっています。

    レジャーなどに行くときにも利用していた車であれば、所得税を支払う可能性もあります。

    具体的な数字を言うと、車を売ったお金が買ったお金より50万円以上上回った時です。

    個人が仕事でも使っているような場合には、別に決まりがあるので、良く分からないところがあったら確定申告をする際に税務署のスタッフに聞いてみてください。