トップページ

    このサイトでは外車を高額査定してくれるおすすめの一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「外車の査定相場を調査して高額査定をしてくれる車買取店に売りたい!」と感じている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの一括査定サイトや買取専門店をチェックしてみてください。

    外車を高額査定してもらうために大事なことは「何社かの車買取業者で外車の査定依頼をして、その査定額を比較する」ということです。1つの業者だけとか近くのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら間違いなく損をするので注意してください。

    車買取の一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので簡単です。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、外車(輸入車)を高額査定してくれる買取業者が分かります。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーと言うくらい知名度が高いので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社へ外車の買取査定の依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    当然ですが、全国対応で使うのはタダ。

    「できることなら高く売却したいから外車の査定相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っている外車の査定相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話で連絡があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1本のみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    外車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「外車で数年落ちの査定相場ってネットで調べられるの?」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで外車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が外車の見積もり査定をしてくれるので、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者が愛用の外車を査定します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで査定額や業者の対応の違いを比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして長年愛用した外車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車を専門とした中古車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間の輸入車取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。地方にも対応していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した輸入車の買取専門業者なので、ドイツやアメリカ、フランスなどの外車なら一般の買取店より高く買い取ってくれることも多いです。
    ですので、外車の高額売却を目指すなら始めにランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して概算査定価格をリサーチしてみてください。

    複数の買取専門業者に査定をお願いした後で、一番最後に外車王に実車査定をしてもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い買取金額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた外車を売却しましょう。







    中古車買取業者に査定をお願いするときに必要になってくる書類には、車検証及び自賠責保険証明書だけであるため、たぶん誰でもすぐ用意可能で、あちらこちら書類を集めたりする手間は掛からないと言えます。

    実際の車売却時には名義変更手続きが伴うため、印鑑証明書や自動車税納税証明書などの幾枚かの重要書類が必要になるのです。

    近頃、転居や結婚などの身辺変化があって車検証などの内容が現在の住所や姓になっていないときには記載内容の変更のためにさらに必要な書類が増えますから、スムーズに売却するために、事前に準備しておくとベターですね。

    ほとんどの中古車販売業者は良心的ですが、ごく一部に見られることですが、極悪非道なことをする業者も紛れています。

    その手口の一例を挙げると、見積もり査定を依頼する際に、査定した後に直ぐ車を持ちだしてもOKならば価格を上げましょうなどとうまいことを言われて、直ぐに車を引き渡すように強要させられて、車を引き取ったが最後、お金は払わずに、もう連絡も付かなくなってしまうと言う詐欺の手法があるのです。

    一般的に行う契約手続きを踏もうとしないで妙に早く車の明け渡しを迫る会社には注意が必要ですね。

    ネットを利用してオンラインの中古車無料一括査定をしたいと思っているが、できるだけ個人情報の記載をせずに査定をお願いしたいという場合には名前を記載せずに利用できるサイトで一括査定すれば良いのです。

    しかし、匿名で実施可能なのは無料で行える査定までです。

    査定スタッフに車を見積もってもらう際や、売るときには、個人情報を隠して取り引きすることはできません。

    買取業者は「古物営業法」にしたがって、買取をした相手の住所や名前などの個人情報を記載しておく義務が発生するからです。

    業者に車を売却するときの心得として、あとでトラブルにならないためにもこちらが気をつけるべきポイントというのがあります。

    当たり前ですが、契約書にしっかり目を通すことです。

    不要なことは契約書に書かれていませんから、逆に言えば契約書の内容すべてが重要です。

    そして契約書は各自が署名捺印すれば「納得したもの」と見なされ、効力が生じます。

    事前説明と異なる契約内容になっていないかなど金額に関する文言は注意しなければいけないのは言うまでもありません。

    裏の小さな文字の文章にも大事なことが書かれていますからすべてに目を通した上でサインしてください。

    中古車屋の査定というのは、見落としのないよう細分化されたリストがあり、それぞれの標準から加点減点を行い評価額を割り出します。

    そんな中で確実に減点されるのは、ボディやバンパーの目立った傷、ヘコミでしょう。

    ただ、あまり気にして自分で直そうと思ってしまうと、むしろやらない方が良かったなどという場合もあります。

    身内が修理工場で自分も腕に覚えがあるというのならともかく、一般の方の場合はキズがあるままで売ったほうが出費も少なくて済みます。

    車の買取を行っている店舗に車を持って行って当日中に査定してもらいたい時は、お店が特に混雑しているような土休日などでなければ予約は要りません。

    ただ、飛び込み査定のときは相場もわからなければ価格競争もありません。

    結果的に市場価値より安値で売買契約を結んでしまう危険性もあります。

    同じ査定なら出張査定で、多くの業者に見積りを出してもらうほうが愛車を高く売ることができるのは間違いありません。

    実査定に出して提示された中古車の査定額というものは、ずっと変わらないわけではないのです。

    中古車の相場価格は流動的なものですから、どの買取店舗も「何日までならこの値段で買いますよ」と言う保証を付けてくるのです。

    その車の見積金額を提示されたときにその場で売ることを決心できないときにはいつまでならその査定額で買い取りして貰えるのか必ず聞いておくようにしてください。

    査定金額の補償期間については交渉次第のところもありますが、保証期間はさほど長くはできないのが一般的ですから無理は押しつけないようにしましょう。

    自動車を買取専門店などに出す場合、査定項目の中にはタイヤの溝の残り具合もチェックするようになっているので、溝の残りが少なければ当然マイナスに査定されることになります。

    溝が減っていると減点対象ですが、売るときに新しくタイヤを変えたとしてもタイヤ購入のお金以上に加算されないので、行う必要性は全くないでしょう。

    但し、ノーマルタイヤではなくてスタッドレスタイヤを付けている際には、実査定を受ける前に一般のタイヤに履き替えた方が賢い選択です。

    冬場や雪の多い地域しか需要がないスタッドレスタイヤは、査定額が下がってしまう原因になるのです。

    中古自走車を売却する際には、手続きに必要となる書類の中に車庫証明は入っていません。

    しかしながら、新たに買った自動車に対しては、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

    これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、自分が取得手続きをするのが本来の姿です。

    多少面倒な手続きではありますが、手数料分が節約できますから、トライするのも結構ですね。

    車庫証明の手続きの際には、過去に所有していた自動車をどうしたか説明しなければいけないので、手続きに行く際には売買契約書を忘れずに持参して下さい。