トップページ

    このサイトでは外車を高額査定してくれるおすすめの一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「外車の査定相場を調査して高額査定をしてくれる車買取店に売りたい!」と感じている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの一括査定サイトや買取専門店をチェックしてみてください。

    外車を高額査定してもらうために大事なことは「何社かの車買取業者で外車の査定依頼をして、その査定額を比較する」ということです。1つの業者だけとか近くのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら間違いなく損をするので注意してください。

    車買取の一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので簡単です。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、外車(輸入車)を高額査定してくれる買取業者が分かります。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。車を高く売るならカーセンサーと言うくらい知名度が高いので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社へ外車の買取査定の依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    当然ですが、全国対応で使うのはタダ。

    「できることなら高く売却したいから外車の査定相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っている外車の査定相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、数年落ちの外車でも高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話で連絡があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1本のみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    外車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「外車で数年落ちの査定相場ってネットで調べられるの?」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで外車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が外車の見積もり査定をしてくれるので、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた外車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者が愛用の外車を査定します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで査定額や業者の対応の違いを比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして長年愛用した外車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車を専門とした中古車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間の輸入車取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。地方にも対応していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した輸入車の買取専門業者なので、ドイツやアメリカ、フランスなどの外車なら一般の買取店より高く買い取ってくれることも多いです。
    ですので、外車の高額売却を目指すなら始めにランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して概算査定価格をリサーチしてみてください。

    複数の買取専門業者に査定をお願いした後で、一番最後に外車王に実車査定をしてもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い買取金額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた外車を売却しましょう。







    中古車一括査定サイトなどを利用して知ることが可能な金額は、やはり簡易的なもので見積もった金額です。

    同じ年式の同じ車種だったとしても、個々の車によってボディーの状態などは千差万別で当然ですから、その車ごとの査定額はその中古車を目前でチェックしなければ分からないのです。

    このような事情から、Webで確認した査定相場と同一の金額が本当の買取金額になるわけではないので、注意すべきと言えますね。

    中古車買取の業者に実際に出向かなくても、オンラインで中古車査定ができてしまうホームページが数え切れないほどあるといって良いでしょう。

    もちろん、大まかな金額でなくて、詳細な査定金額は査定担当者が実際に中古車を見てみないと一台ずつの詳細な算定は不可能ですが、たくさんの買取業者の見積もりを同時に瞬時に知ることが可能ですから、おおよその今の段階での査定相場を知る上で大変有用ですね。

    それに、妙に価格相場から外れた査定をする会社を除外して、その他の店舗で実際に売ることができるので有益だと言えるでしょう。

    一般的にほとんどの中古車買い取り店では、中古車の見積もりにかかる時間はただ待っているだけの時間を除くとおおよそ15分弱でしょうか。

    これは現時点における車種ごとの中古車のオークションの相場などを基本として前もってベースの査定額が決まっていて、その金額から走行距離および各パーツの状態を確認した後に、それらの状態に応じた減額や加算をするとすぐに査定額を決定出来てしまうからに他なりません。

    ある程度を超えて走行した車というものは、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    かといって車の価値がゼロ円だのといった意味ではありませんから大丈夫です。

    この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。

    そういった業者に相談すると、パーツや部品ごとに細分化して見積りを行い、相応の値段をつけて引き取ってくれます。

    外車というのは国産車と比較すると、中古車市場に出す際は値段が落ちやすいと言われています。

    外国車としては名の売れた車でも、日本全体の車の量で考えると国内メーカーの小規模なメーカーと比べてもはるかに少ないですし、修理費もかかりやすい上、需要も読みにくいところがあり、あまり高額で買い取っても業者の利益が確保しにくいのです。

    それでも処分したいと思うのであれば、数多くの買取業者から見積りをとって比較することです。

    一度に多数の中古車屋に一括で見積りを依頼できるサイトがありますが、こうしたサイトを使うとわずかな手間で一気に多数の見積りを入手できます。

    延べ走行距離が10万キロ近いかそれ以上の車は、いわゆる過走行車という扱いになり、業者に査定に来てもらったところで、値段がつけられないなどというケースも多いです。

    値段がつかないという点では、事故車も同様です。

    そのような場合は一般的な中古車買取り業者は避け、走行距離数の多い車を専門に扱う業者や事故車を取り扱っている中古車屋に打診するというのもありです。

    買取り先を探すのが面倒なら下取りにすれば手間も要りませんし、ディーラー側はこれからお客になってくれると考えますから、値段がつく可能性が高くなります。

    仲の良い友人が自分の車を買いたいと申し出たときなどには、代金の支払いなどの約束事が曖昧になりやすいですね。

    車売却はそもそも大きな金額が動く行為です。

    たとえどんなに親しくしている友人だったとしても、じっさいにいくらで車を売るか、支払い方法や期限はどうするか、名義変更はいつまでに行うかなど、大切な項目だけでも書き残しておくと良いでしょう。

    念書に残すのを嫌がる相手では、後々いざこざが起きてしまう可能性があるので、なるべくなら売買するのを止めた方が良いでしょう。

    たとえ自動車ローンが残っていようと場合によっては車を売ることもできます。

    要するに、ローン会社でなく自分の名前が車検証の所有者欄に記載されているという条件がクリアできるならの話です。

    もしローン会社の社名が車検証に記載されている時は、完全にローンを返し切るまでは実質的な車の所有者はローン会社ということになるので、完済して自分名義にしてからでないと売却はできません。

    しかし、ローン途中でどうしても売却したい時は、ローン会社に申請して許可が出れば、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。

    愛車を手放した後から、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除を告げられることがあります。

    事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば売却側に非があると言えるのですが、査定時に何か見落としがあったというならば自分が非難される筋合いはないでしょう。

    納得できない理由で買取額の減額や契約解除を迫ってくるときには、消費生活センターや国民生活センターなどへトラブルが起きていると話してみると個人で悩むより数倍早く解決できるはずです。